イソフラボンとは

Home

更年期に大豆イソフラボンが良い理由

50代半ばになると、顔がほてったり動機が起こったりと更年期の症状が表れる方が増えてきます。めまいがしたり体調を崩しがちになる更年期になると、日常生活に支障が出てくる方もいらっしゃいます。なんとかして、耳鳴りやほてりなどの更年期を改善したいと思われている方は、大豆イソフラボンに注目してみてください。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをする成分で、肌のハリを保ったり、髪の毛の潤いをキープする働きがあります。女性ホルモンは、年齢を重ねると伴に減少していくため、女性ホルモンと似た構造を持つ大豆イソフラボンを摂取して補うことが大切です。

更年期の症状で悩んでいる女性に大豆イソフラボンを3か月間続けて摂取してもらいました。その結果、更年期障害が緩和されたと感じる方が8割を超えたようです。特に、顔のほてりを感じている女性たちに効果が高いことが分かりました。顔がほてると、呼吸が上がって息苦しくなったり、汗をかくのでメイクが落ちるなどして大変ですよね。更年期障害でほてりの症状が強い方は、大豆イソフラボンを摂取して症状を和らげましょう。

大豆イソフラボンは、納豆や豆腐、油揚げなどに多いため、それらの食材を使って献立を考えましょう。大豆製品からの摂取が難しい場合は、サプリメントなどを利用して効率よくイソフラボンを摂るとよいでしょう。

↑ PAGE TOP