イソフラボンとは

Home

女性の健康にイソフラボン

豆乳やお豆腐、納豆やみそ、きな粉など私たちに身近な大豆製品、そこに含まれるイソフラボンは女性ホルモンの代わりになるという話を聞いたことはありませんか?

大豆イソフラボンを女性ホルモンを補うことを目的に摂取する方もが多いと思います。女性ホルモンのエストロゲンとイソフラボンの化学構造式を並べてみると良くわかるのですが、科学的にもよく似ていると証明されています。ウワサ通り、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに類似した働きをしてくれるので、美肌やバストアップに効き目があるというイメージが強いです。しかし美容の分野だけではなく、女性の健康面にも、とても役立ってくれます。

女性ホルモンが不足すると、ほてりや倦怠感などの身体の不調や、イライラやうつ傾向が出たりなど心の不調が現れることもあります。このような状態では自分だけでなく、一緒に生活する家族にもストレスを与えてしまいます。ひどい更年期障害に移行する恐れもありますので、適度にイソフラボンを摂ることは女性にとって必要なことなのです。

イソフラボンの必要量は一日に納豆1パック、きな粉http://www.robots-vision-show.info/kinako.htmlなら20グラムほどですので、無理なく食事から摂ることのできる量です。しかし食事からだと脂質や糖分など同時に余計なものも摂ってしまいます。カロリー等を気にする方はサプリメントを利用して上手にイソフラボンを摂取すると良いでしょう。

↑ PAGE TOP