イソフラボンとは

Home

イソフラボンの働き

イソフラボンという成分名をよく耳にするという方も少なくありません。しかし、よく耳にするけどイソフラボンが実際にはどのような働きをするのでしょう。今回はイソフラボンの働きについて解説します。

イソフラボンは大豆やマメ科の一つで芽に多く含有されている成分のひとつです。このイソフラボンを含有した製品をサプリメントや健康食品として販売されています。またこの他にも納豆やみそ、豆腐などの食品にも同じ成分が含有されています。

これを日々口にすることで、女性ホルモンの一つエストロゲンと同様の役割を担います。 このエストロゲンは女性らしいしなやかなボディラインやバストアップ、肌にハリを与えるなど美しさを保つために必要不可欠な働きを有していますが、女性ホルモンの分泌量は20歳をピークに25歳頃からは徐々に低下していきます。減少したホルモンは自らの力で生成することは難しく、外から取り入れてあげるしかありません。

イソフラボンの効果としては前述で紹介した女性らしさの促進とともに、生活習慣病の予防、月経周期を修正する、乳がんのリスクを低減させる、コレステロール値の改善など多くの改善や予防に役立てられています。摂取年齢においても長く摂り続けることが出来るのも特徴の一つです。毎日の食生活のなかで気軽に取り入れられるので女性にとっては、とても魅力的な成分なのです。

↑ PAGE TOP