イソフラボンとは

Home

イソフラボン摂り過ぎに気を付けて!

イソフラボンというと、大豆食品をイメージしますが、その中身はエストロゲンという女性ホルモンに良く似た構造をしているので、女性の美容や健康にとても役立つ成分として有名です。

またイソフラボンは日本人の食卓に良く上がる豆腐や納豆、油揚げや味噌、醤油などの大豆食品などから簡単に摂れるので他の栄養素と比べてもストレスなく取り入れていくことができます。一日の摂取量は、納豆なら1パック程度、豆腐なら1丁程度で十分に必要量を満たしてくれます。

そこで気を付けなければいけないのがイソフラボンの過剰摂取です。いくら体に良いからと言って摂り過ぎは良くありません。過ぎたるは及ばざるがごとし、摂り過ぎが却って悪影響を引き起こす可能性もあるのです。

イソフラボンの過剰摂取は女性ホルモンのバランスを崩し、生理が不順になったり、生理痛がひどくなったりさせます。ほてりやだるさ、精神的な乱れなどの更年期障害が悪化することもあるのです。ホルモンはバランスが重要です。少ないのは良くありませんが多すぎるのも良くありません。

必要な量のイソフラボンは普段の食事から十分に摂取できますので、サプリメントを使う場合は、食事との兼ね合いを考えて気を付けて摂りましょう。また、イソフラボンは男性にも前立腺がん予防、薄毛対策や体毛を薄くするなどの効果があると言われていますが、男性のイソフラボンの過剰摂取は女性化や男性機能を低下させる恐れもあります。 バランスよく上手に摂ることが重要なのです

↑ PAGE TOP