イソフラボンとは

Home

イソフラボン摂取の効能と注意点

大豆イソフラボンというと、骨粗鬆症や、乳癌、前立腺癌の予防や、更年期症状の改善になり、体に良くて、あまり心配のない栄養素と思いがちです。確かに、イソフラボンは大豆に多く含まれ、女性ホルモンに似た働きをもつことから、上記のような疾患や症状の予防や改善に効果があり、欧米人より日本人が上記の疾患の発症が少ないのは、古来より日本人が大豆製品を日常的に食してきたためと言われています。

しかし、サプリメント等での過剰な大豆イソフラボンの摂取で、乳癌の発症や再発のリスクも出てくる可能性があるとの指摘も出てきています。また、閉経前の女性では、ホルモンが乱れて月経周期が遅れるとの指摘もあるようです。

1日に摂る大豆イソフラボンの摂取量の目安として、最大70~75mgまでと発表されており、サプリメント等で濃縮したかたちで摂取する場合、1日あたり30mgまでです。豆乳http://www.loscamposrv.com/soymilk.html、納豆、豆腐、味噌などのイソフラボンを含む食品から摂っていれば、この目安値を超える心配はなく、日本人の1日平均摂取量は、18mgと発表されています。

また、妊婦さん及び胎児、乳児や子どもは特にサプリメントの活用は控えるように発表されています。イソフラボンの効能がメディア等でよくとりあげられるようになり、効能を期待しすぎるあまり、また大豆が日本人に身近な食品から摂取出来るという事から、過剰に摂りすぎる例があるようです。イソフラボンについては、まだまだ研究の余地があるようなので、今後の研究結果に注目です。

↑ PAGE TOP